ルームシェアって?

一軒家・アパート・マンション等に2人以上で同居することをいいます。
家族で住んでいる場合もこれにあてはまりますが、「ルームシェア」とは言いませんよね。
つまり、家族や親戚、彼氏・彼女以外の人2人以上と、1つの住居を分け合って住むことです。

  • 部屋は個人別
  • 台所、トイレ、お風呂などは共有
  • 家賃、光熱費などは折半
  • というパターンが多いようです。

呼び方も様々で…

  • ハウスシェア (houseshare)
  • フラットシェア (flatshare)
  • アパートメントシェア (apartment-share)
  • ルームシェア (roomshare)
  • などがあり、
  • 同じ部屋に二人とかで住む場合は…ルームシェア
  • 集合住宅の一戸でシェアする時は…フラットシェア、 アパートシェア、シェアードフラット
  • 一軒家でみんなで住むときは…ハウスシェア、シェアハウス、シェアードハウス
  • 等と言うそうです。

外国人には…
ルームシェア 「1つの部屋を分け合って住む」
フラットシェア 「個別の部屋がある」
のイメージが強い傾向があるとか…。

ゲストハウス

ルームシェアとよく併記されることの多い「ゲストハウス」

“敷金・礼金・仲介手数料が不要”で、難しい審査や保証人なしで気軽に住める簡易的なマンスリーマンションというと、イメージがわきやすいでしょう。

シャワーやキッチンは共同です。個室のものもあれば、一部屋にベッドがたくさんあって、知らない他人と5,6人で寝る、というのもあります。

個室以外を共同で使うことによって、通常のマンションやアパートを借りるよりも料金が安くなるのです。 しかも共同の調理器具、食器、電子レンジ、冷蔵庫などが完備されているケースが多く、基本的には衣服類など最低限に必要な物だけ持参すれば、気軽に生活できるようになっています。

ルームシェアは個人の信頼関係で成り立っているのに対し、ゲストハウスは運営事業者、管理人がいることが大きな違いではないでしょうか。

共有部分の清掃やゴミ出しなども「管理人」が行ってくれるところもあるので、「学生寮」や「独身寮」のイメージもあり、ルームシェアよりも「お手軽感」があるかもしれません。

敷金や礼金を排して、気軽に出入りできるところや、立地も都心に近いところに多くあることから、外国人利用者が多くみられます。 最近は、若い女性の利用者もみられるようになってきたようです。

「個室タイプ」に対し、一つの大部屋にベッドなどを数台設置しているタイプを「ドミトリータイプ」と言います。

関連カテゴリー

ページのトップへ戻る